小山巳沙夫


 小山巳沙夫さんは本名を「操」と言い、三条の木彫りの名門半藤政衛さんに学校を出て直ぐに弟子入りされます。

    半藤政衛さんの彫銘は「逸我」で、当時の方は三代目でした。
  私の祖父が、戦前戦中に掛けて、掛け軸や骨董品を集めた時期があり、半藤さんに注文して彫って頂いた
  鯉の額があり、我が家の座敷の鴨居に飾ってあり、子供の時から馴染んでいました。
丁度、終戦後で景気が沈滞していたために木彫りの仕事が少ない頃だったことから、半藤さんの弟さんの提案で二人で墨壷を造って金物問屋に売ろうということになって、金物問屋を回ったそうです。
当社にも来られ、当時私の父が相手をして、父が外山栄一と申したことから、当社発注の品には坪一という名前にすることで取り引きが始まったとのことでした。
小山さんの話では、坪一よりも坪一刀の方がよいと考え、その後、お宅に収める品には「坪一刀」にしたとのことでした。

間もなく、朝鮮戦争が始まると景気もよくなって来て、半藤さんの弟さんは東京に行かれます。小山さんも当時は若葉坪も造っておられましたが、親方の仕事が増えるに従って木彫りの修行を兼ねてお手伝いすることになります。
小山さんも、元々、墨壷はアルバイト的に始められたことから、本職の木彫り彫刻の仕事が増えれば、そちらに注力されることになるのですが、本業の仕事をしながら暇を見付けて墨壷を製作を続けられるのです。

その後は順次、主に緻密な彫のある墨壷を製作されるようになります。

お問い合わはこちらへメールでお願いします。

参考資料のトップへ

inserted by FC2 system